アフリカ・ルワンダの衝撃的な寿司事情ですしおすし

今日もこんなブログにご訪問恐縮です。

アフリカ会計士の笠井です。 

以前、ルワンダにある、日本料理屋(経営者は日本人ではない)に行ってきました。

以下の写真はその時に撮った写真です。

 

f:id:yuga-kasai:20171009151606p:plain

 

さて、ちょっと左上から確認していきましょうか。

続きを読む

アフリカでのドライブレコーダーの威力がとんでもなかった

前回、痔について随分無駄話をしましたが、ルワンダの必須アイテムとして、ドライブレコーダーを提案しました。

今回はその続き、ルワンダの交通事故について。

もう本当に事故多いんですわ。

首都では比較的事故が少ないですが、私が普段通っている道では、交通事故現場はもはや日常の風景。

ウィンカーを使わずに急に発進したり曲がって来たり、

カーブでの時速80kmでの追い越し、

車間距離3mの間への急な割り込み、

完全なる逆走等、

にわかには信じられない運転をしますので、やはり事故が日常的に起きます。

f:id:yuga-kasai:20170914192315j:plain

あまりに事故が日常的過ぎて、ハンターハンターのクロロ的に言えば、昼下がりのコーヒーブレイクと何ら変わらない平穏な状態。

そして、私自身、この平穏な状態に過去2回遭っています。

続きを読む

ウォシュレット依存症

ご訪問していただき恐縮です。

 

本当は今回は、交通事故とドライブレコーダーの話を書いていたのですがね、前説になぜか痔の話を書いたら止まらなくなったので、今回は痔一本で書き上げました。

大変恐縮です。

 

海外で生活をする上で、必要なものを3つあげるとしたら?

以前は私はこの問いに対し、金、パスポート、ウォシュレットと明言していました。

なぜ、ここでウォシュレットなのか。

無論、類まれなる痔持ちだからに決まっているでしょーよ。

 

学生の頃はこのお尻の住人をコントロールできないが故に、ほろ苦い青春時代を過ごしました。

続きを読む

グローバル化のデメリット~少年ジャンプ的エロの危機~

f:id:yuga-kasai:20170907160451j:plain

皆様、お久しぶりです。

アフリカ・ルワンダ会計士の笠井です。

 

1か月ほど日本に一時帰国していました。

2017年8月中はルワンダで大統領選があり、まぁ99%大丈夫だろうけど、テロとか何が起こるか分からないですからね。私チキンですし。

今年はこの時期に休暇をとりまして、ブログも完全に無視して日本で悠々と休んでいたわけです。

 

確実に平穏な日々を送っているつもりでした。

が、降りしきる雨の中、私は日本でとてつもない気付きを得たのです。

それはこの昨今のグローバル化に伴うデメリットについてでした。

以前の私と言えば、暇な時には、道行く魅力的な女性に対し、頭の中で「ときメモ」のごとく会話をしては、時にはエロティックな展開も引き起こすエロテロリストでした。

これは日本の男性諸君も大いに経験があると思います。

ちなみにエロテロリストといっても、私の頭の中では純愛とちょっとのエロが行われるだけであることご了承ください。

いわゆる伝説の漫画I’s的なウズウズする微妙な距離感から、いちご100%やTo LOVEる的な要素までの、少年ジャンプ的エロテロリズムだと思っていただければ、納得していただけるかと思います。

分からない方のために具体例をあげるとすれば、体育館倉庫などで事故的に相手とドタバタし、気づいたら私の顔の上にお尻が食い込んでいて、その場は殴られるものの、気づいたら相手が恋に落ちている、あのパターンです。

そして、今日本で話題となっている「一線」を超えるために、数年に渡りかつてないほどの時間とエネルギーをかける世界です。

なお、お尻が食い込んだから恋に落ちたのか、恋に落ちたからお尻を食い込ませたのかの因果関係は依然不明ですが、それらは極めて相互補助的であり、かつそれらは繰り返されることによって性のスパイラルとなり、恋心とお尻の食い込みが助長されていくことは間違いないと思います。

このような発想は結婚したからと言って薄れることなく、むしろ結婚というしがらみが、せめて妄想の世界だけでもという強い願望を引き出し、32歳を迎えた私の少年ジャンプ的エロテロリズムは一層激しさを増していったのです。

しかし、ルワンダに数年いることにより、このエロテロ行為に変化が訪れたことを実感しました。

それは、最初はほんの些細な違和感でしかありませんでした。

初めにその違和感を感じたのは、一昨年の帰国時。

ふと渋谷でエロテロ行為をしていた私は、アフリカ系か南米系のような方を見た時に、ふと

「あ、やっぱり可愛いな~」

と思いました。

おい、待てよ?今私は「やっぱり」と言ったのか?

玄関のカギを閉めたのかどうか覚えていないけど結局閉めていた、そのくらい無意識のうちに「やっぱり」という単語を使っていたのです。

私は日本人女性が世界で一番美しいと信じていました。

しかし、確かにルワンダにいると、ルワンダ人の女性って美人が多いなと日々思います。

 

日本に一時帰国するたびにその傾向は強くなり、エロテロ行為が激減していったのです。

誤解を恐れず申し上げれば、エロテロ行為の標的が日本人からルワンダ人に移りつつあるともいえるでしょう。

 

決して、私の好みが変わったわけではないと思います。

例えば、今回日本に帰って一番印象に残っていることといえば、やはりというか、さすがというか、石原さとみちゃんが可愛かった。これに尽きます。

連日日本では、始球式で石原さとみちゃんがサブマリン投法をしたとのニュースで盛り上がっていました。

正直その盛り上がりは、私にとってトランプ政権絡みや北朝鮮のミサイル問題の比ではなく。

そして、私だけかもしれませんが、そのサブマリン投法の中で途中まではアンダースローだったが、投げる瞬間にはオーバースローになっており、サブマリンじゃないんじゃないかと懸念を持ったものの、結局可愛すぎるが故にそんな疑いを持ってしまった自分に怒りさえ覚えたのです。

そして、毎年投法が違うとの情報を入手し、さっそくインターネットで調べると、毎年ノーパンだという記事がやたら目に入る。

かつてない衝撃が走る。

バ、バカな。

あの?石原さとみが!?

youtubeをチェックすべきか、X ビ〇〇をチェックすべきか一瞬迷いましたが、当たり前ですが、ノーパンではなくノーバンだったことは言うまでもありません。

これが今回の帰国で一番印象に残っているニュースです。

 

話が、ノーパンかノーバンかという非常に興味深いが一切本編と関係ない方向に向かってしまったので、一旦元の世界へ戻ってください。

 

このように好みが決して変わったわけではないと思いますが、一般的なエロテロ行為の対象が変わってきたという問題に、今一度向き合わなければなりません。

これには様々な可能性が考えられます。

 

①日本人の魅力がなくなったのか、

②ルワンダ人の魅力が高くなったのか、

③私が現地化したのか

 

私としては②に期待している一方で、③の可能性は否定したい。

なぜなら、以前、私が敬愛する日本人で現地化を果たした知り合いでこういう方がいたからです。

友人「ルワンダにいると、ルワンダ人女性が好みになってくる。ウィッグを付けない坊主が好きだ。」

私「そんなもんなんですか。ちなみにどんなシチュエーションでイチャイチャしたいですか?」

友人「水道局員が水道管を検査しに来る時かな。」

もう何がなんだか分からない。

ただ1つ言えることは、彼が紛れもない変態だということ。

そして、私はこうはなりたくない。

現地化=水道局員プレイ

という式はあまりに極端な気もするが、今の私にはこれが全て。

私が今後ブログで、「水道局員の素晴らしさについて」などという記事をアップしたら、完全に現地化したと思っていただいて差し支えありません。

 

話が、水道局員プレイという非常に興味もなければ再度一切本編と関係ない方向に向かってしまったので、今一度元の世界へ戻ってください。

最大の悩みはここにあるわけではありません。

少年ジャンプ的エロテロリズムに危機が訪れているのです。

考えてください。

少年ジャンプ的エロテロリズムを行うためには、前提として、相手が日本人のように奥ゆかしくないと成立しません。

これが漫画I'sのヒロイン伊織ちゃんや主人公が情熱的な欧米、南米系でしたらどうなるでしょう?

体育館倉庫で事故的にお尻が顔に食い込んだらそのままゴールの可能性すらあります。

そんなことは望んでいません。

つまり、私の悩みはこうです。

以前は少年ジャンプ的エロテロリズムを楽しんでいた

→グローバル化により対象が日本人からズレて来た

→「少年」ジャンプの枠を超えてしまう

→俺的テロの撲滅

 

これがグローバル化に伴うデメリットだということは、世間的にはかなりどうでも良いことだということは間違いないと思います。

 

「ルワンダ大虐殺の歴史」と「アフリカの奇跡」を3分で理解する

ご訪問ありがとうございます。

現在2017年7月のルワンダは大統領選挙中。

2選しかできない大統領選挙を無理やり3選可能にした現政権はいわゆる独裁ともいえます。

しかし、その独裁も仕方ないと言われるほど、現カガメ大統領の手腕の評価は高いのです。

彼はなぜ、こんなにも支持されているのか。

今回は、カガメ大統領およびルワンダを知るうえで外せないキーワード、世界最悪の事件「ルワンダ大虐殺(ジェノサイド)」の通説と、その後の復興「アフリカの奇跡」をまとめました。

今回は初めての真面目な回です。

キャラ違うので気をつけてください。

続きを読む

アフリカで9D映画とやらを冷やかしに行ったら神対応された話

ルワンダから時空を超えて

いつもご訪問ありがとうございます。

アフリカ・ルワンダ会計士の笠井です。

 

先日、アフリカのルワンダで驚愕のゲーセンを見つけました。

 

9Dシネマ

f:id:yuga-kasai:20170717124107j:plain

腰抜かしました。

3次元を超えた次元がこのゲーセンにあるのです。

店に入り、まずは店員に恐る恐るDの意味を確認しました。

私「このDはDimensionのことで良いのかな?」

店員「もちろんよ。9Dを知らないの?」

もちろんときたもんだ。

文字通り、この店は次元が違う。

世界の最先端は、シリコンバレーでも、NASAでもない。

ここルワンダの10畳ほどのゲーセンにあるのです。

そう、人類の夢が、希望が、全てがここにあるのです。

さらに、店に入ると目の前にこんなぬいぐるみが。

f:id:yuga-kasai:20170717124141j:plain

これがドラえもんか否か、そんな高度な議論はさておき、あきらかに4次元ポケットを意識しています。

これが入り口にあるということは、線、面、立体に時間軸を加えた4次元(諸説ありますが)はあくまで序の口にすぎないというメッセージなのでしょう。

 

5次元であれば、あの名作映画「インターステラー」が思い浮かびます。

この名作を私みたいな者がまとめることは、関係者にいくら陳謝しても許されない行為だとは思いますが、あえて簡単にまとめさせてください。

------概要始め------ 

滅亡の危機を迎える地球に変わる新たな惑星を探すため、別の銀河へ探索しに行く話。

また、ブラックホールの重力データを地球に持ち帰ることができれば、地球からの脱出が可能なことにも気づくが、別惑星では超重力が時間の流れを歪め、時が何十年も過ぎてしまい、燃料もわずかで帰還は不可能。

そんな中、主人公のクーパーはブラックホールに突っ込み、未来の自分たちから、地球の過去・現在・未来全ての時間と連結している空間へ送り込まれ、過去の自分と愛する娘へ重力データを送り込む。

大人になった娘はそのメッセージに気づき解読し、地球からの脱出を成功させ、100歳くらいの娘と124歳(35歳の肉体のまま)の主人公は、土星近くのスペースコロニーで再会を果たす話です。

------概要終り------ 

あまりに難しい話なので、私の脳ではこれが限界です。 

重力により4次元を超える次元を実現するのですが、当然ですが理論は全く分かりません。

つまり、ここルワンダも、さぞかし時空が歪められていることでしょう。

f:id:yuga-kasai:20170717125034j:plain

インターステラー同様、過去と未来の自分と何かしらの交信ができることは間違いありません。

そこで私は、ここルワンダから過去の自分へどのようなメッセージを送ればよいのか、逆に言うと、今までどんなメッセージを受け取っていたか考え始めました

 

思い返せば、過去に私は電車で大きいアレをもらしたことがあります。

20歳を超えて3回あります。

漏れる前にいつもお腹に不思議な重力波がかかっていました。

 

悟りました

 

あぁ、あれが、未来の私からのメッセージ

 

「池袋で降りろ。新宿までは持たない。」

 

お腹のギュルギュルは私を救うための未来の私からの信号だったのかと。

 

だがしかし、完全に手遅れです。

 

嫌がらせ 

 

とにかく、これだけの空間に立入るのに何の知識もなく入るのは危険極まりない。

事前にDimensionの知識を入念に調べ、時間をかけて英訳してきたので、尋ねてみました。

 

私「9Dとはすごいですね。私は線、面、立体に時間軸加えた4次元までしか聞いたことないんです。しかし、5次元以上となると、私はまだよく分かりません。様々な理論もあって、例えば超弦理論では10次元あるという説やヘテロティック弦理論では26次元あるともいわれているそうです。しかし、これらは実証されているものではないみたいなく、5次元以上を形にするのは現代の科学では不可能だと思っていたのですが。へぇすごいなぁ、実現したのかぁ。9Dとは一体どんな世界なんですかぁ?

 

そうです。 

私って嫌なやつなんです。

尊敬?

微塵もそんなつもりで来ていません。

まずね、次元を増やせば良いってもんじゃないでしょ。

軽い虚偽ですよ。

こーゆーのね、このままにしておくと、年々次元増えていきますから。

3年後には100次元突破とかいうわけわからない事態になりますから。

 

しかし、この悪意に満ち溢れたアジア人の質問に対して、店員はこう答えたのです。

 

店員「説明できないくらい、あなたの想像を超える世界よ。見れば分かるわ。」

 

圧倒的敗北

 

見事な切り返しに、漫画刃牙の死刑囚も納得の敗北感を味わいました。

 

でもね、帰りました。

だって700円高いし。

 

リベンジ 

でね、見るなら子どもとと思って、また数か月後に寄ってみたんです。

店員が変わっていたので、今度こそ負かしてやろうとまた同じ質問をしてみました。

 

私「このDはDimensionのことで良いのかな?」

店員「おいおい。DがDimensionだったら9Dは無理だろ。知っているか?Dimensionは3つしか具現化できてないんだぜ笑」

 

ん?あれ?

俺今馬鹿にされた?

ジョルトのカウンターくらったよね。

 

そこで聞き返しました。

私「じゃあ、Dは一体何なんだ?」

店員「ダイナミックってことさ。見れば分かるよ。」

 

再度味わう敗北感

 

毎度見事な切り返しをしてきます。

 

でもね、帰りました。

だってうちの子興味一切示さないんですもん。

 

まぁちなみに、シュレックとかその辺の映画を15分間見るだけみたいです。

なんか風が出るとか、席が揺れるとか、そんな感じらしい?

子どもが見れる年齢になったら、いつかレポートします。

 

その頃までDが増えていませんように

 

 

 

 

9次元の世界を想像できない方は、ポチっとしていただけますと、9次元を理解できるようになる、ことはなく、ただ私が喜ぶだけです。

衝撃!アフリカ流ゴキブリの倒し方

召喚魔法「ハウスボーイ」 

ご訪問ありがとうございます。

アフリカ・ルワンダ会計士の笠井です。

もしゴキブリをどうやって倒せば良いのか真剣に悩んでいる人は、読む必要のない記事です。

 

さて、ルワンダに来て、未だに慣れないことはたくさんありますが、そのうちの1つがゴキブリ。

虫のように湧いてきます。

しかし私って埼玉出身のいわゆるシティボーイじゃないですか。

千葉にも勝る日本の中心の埼玉では、ゴキブリってあまり見かけず耐性もありません。

だからいわゆるシティボーイである私はゴキブリが大嫌いなのです。

続きを読む