アフリカで働く理由とあるべき働き方

f:id:yuga-kasai:20170709024317j:plain

ブログ閉鎖の前に

アフリカ会計士の笠井優雅です。

ブログを再会して約1か月ちょっとが経ちました。

もうね最初は、今に人気になって、今頃海老蔵か笠井かくらいの規模になるかなって思っていたんですけどね、蓋を開けてみたら、びっくりするくらい人気ないじゃないですか。

心が折れるまでは続けていきますが、既にヒビ入っちゃってますよね。

このままだと、自己紹介せずにブログ閉鎖です。

なので今のうちに、自己紹介となぜアフリカで働くのかを書いておきます。

たまには真面目なこと書きます。

  

海外恐怖症

「アフリカに行くことは今後絶対にない。だから旅行に行くなら思い切ってアフリカにでも行ってみようか」

これは、3年半前にビジネススクールの友人と交わした会話です。

その時はモロッコに行きました。

現在、私は今アフリカのルワンダという国で、会計事務所まで設立して活動しています。

がっつり根付いちゃっています。

f:id:yuga-kasai:20170709024618j:plain

 

私の人生どこで狂ったのか。

ちょっと整理していきます。

 

私は、生まれも育ちも埼玉です。

あのビッグシティ埼玉です。

千葉よりも上の埼玉です。

生粋のドメスティック人間でした。

TOEICも450しかなく、TOEFLも40。

まぁとにかく英語もできないわけで、軽い対外人恐怖症ですよね。

外人に話しかけられても、I wish I were a birdくらいしか返せなかったですよね。

 

ちなみに、海外旅行で行ったことあるのは、

イギリスのロンドン

フランスのパリ

イタリアのローマ

オーストラリアのゴールドコースト

韓国のソウル

ワイハ。

そして、モロッコ。

 

意外と行っているように見えますが、モロッコを除けば王道のみです。

基本冒険はしません。というかしたくありません。

毎度言っていますが、私ってチキンの中のチキンじゃないですか。

そのチキンっぷりたら、もはや「匠の技」って評判じゃないですか。

安全第一。

いくならツアー。アテンド付き。

飛行機は大安の日に。

 

それなのに、海外行っても大体運がないんです。

イギリスではお金、定期券等を盗まれ、ホストファミリーから、「それ犬の餌よ」って言われたジャムとパンで3週間凌ぎましたよね。

イタリアではカツアゲに遭いました。広場でミサンガもらったら、広場中の外人に囲まれましたよね。超怖かったよね。

フランスでは飛行機のストライキに巻き込まれて、わずか2日の滞在で強制帰国させられたよね。

他にもエピソードは尽きませんが、だいたい悪いことばかりなんです。

 

そうです、 

海外向いてないんです。

 

経歴についてもお話ししますと、会計士試験合格後、資格の学校で講師、同時に監査法人で非常勤、会計事務所で非常勤として活動し、最終的には慶応ビジネススクールでMBAを取得しました。

 

丸ビルあたりで働いて、夜は銀座か六本木で合コンの日々が夢でした。

「カネ?稼ぐの簡単さ。」

って言って、お持ち帰りの日々が夢でした。

 

しかし、最後の慶応ビジネススクールがいけなかったですよね。

ここで、あの方に出会ってしまったわけです。

 

鬼嫁様に。

 

人生のターニングポイント 

慶應ビジネススクールでは生徒は各グループに分けられるのですが、そこで最初に同じグループにされてしまったんですね。

これね、ホント慶應を訴訟しようかなってほどの罪ですよ。

 

で自己紹介の時に、アフリカにいたとかぬかすじゃないですか。

ジブチにいたとか急に言い出すじゃないですか。

「は?ジブチ?どこそれ」

ですよね。

え、ジブリかな?

腐海から来たのこいつ?

バルスとか言い出すんじゃないだろうな、とか、

あ、これが噂に聞く祟り神かって思いましたよね。

弓射ろうかと思いましたよね。

まぁ結果は逆に弓を射られた挙句、かつ呪いまでもらってしまったんですけどね。

 

んで、初日からアフリカに住みたいとか言っちゃうもんだから、頭大丈夫かこいつ?と内心思い、

対して私は自由が丘に住みたいと対抗。

そんな私ですが、先ほども申し上げたとおり、今アフリカはルワンダに住んでいます。

そうです、負けたんです。

 

ただ皆さん、そんなん分かっていたことじゃんと、そうお思いでしょう?

結婚当初はね、「日本で良いよ。丸ビルで良いよ。」と言われていたわけですよ。

でもなんやかんや「日本も良いね。でもアフリカも良いよ。」となり、

最終的に「アフリカが良いよ。アフリカに来いよ。」となった次第です。

 

もうね、立派な詐欺ですよ

 

そんなこんなで、鬼嫁様と結婚し、日本での夢を捨て、アフリカに連れて来られたわけです。

どんだけ私前世で相当悪いことしたのでしょうかね。 

私今死ぬことになりそうなら、北斗の拳のラオウばりにね、言うと思うんです。

わが生涯は悔い放題。

 

アフリカで働き続ける本当の理由とあるべき働き方 

とまぁ、きっかけは半ば拉致でアフリカに来たわけです。

では、なぜ帰らずにずっとアフリカにいるのか。

鬼嫁様そして家族のために決まっているじゃないですか。

たまに、「アフリカすごいですね」

なんて言われますが、全くすごくありません。

自分が一番大切にしているものは何か、

それは家族。

だから今のところは鬼嫁様が大好きなアフリカ、

かつ子供にとっても非常に良い刺激となるアフリカで働いているだけです。

額縁に飾りたいような立派な志があるわけでもなんでもありません。

鬼嫁様が宇宙好きだったら、今頃宇宙会計士として活動していたと思います。

実際、鬼嫁様は宇宙人みたいな方ですし。

起業するのもアフリカで働くのも、一番大事なものから導き出された結果に過ぎません。

 

日本国内志向だったのに、急にアフリカに来てつらくないか? 

確かに、最初はつらかったです。

めちゃめちゃな人生始まったなぁなんて思っていました。

ただ、運が悪いのではなく、運が悪いと思っているだけ、

と気づき、であるならば、

運が良いと思えば良いだけのこと。

と納得しました。

 

幸運にもこうしてアフリカに来れたわけですからね。

これからもアフリカに従事していこうと思います。

全ては家族のために。

 

最後に

鬼嫁様は、こっちに来てからずっと、

「あー、ルワンダって全然アフリカっぽくないのよね。全然好きになれない。」

とぼやいています。

 

 

俺の人生返せ。 

 

 

 

 

もし面白いなと思っていただけたら、よかったらポチッと押していただけますと嬉しいです! 

にほんブログ村 海外生活ブログへ